積水化学工業は子会社を通じて、薬物動態分野で試験受託サービスを提供する米国のベンチャー企業XenoTech,LLC. (カンザス州、売上高約16億円)の全株式を取得し、子会社化すると発表した。

ゼノテックは、薬物動態分野における試験受託サービスのほか、酵素試薬や肝細胞試薬を販売しており、ヒトや動物の生体試料を使って化合物の反応性を評価する試験「インビトロ領域」においては米国でトップシェアを誇る。積水化学は、ゼノテックの医薬品開発に精通した人材と大手製薬会社顧客網を確保し、米国市場における薬物動態事業の拡大を図る。2011年に同事業の売上高約48億円、営業利益率20%を目指す。

取得価額、取得日はいずれも未定。