大気社は中国子会社の五州大気社工程有限公司(北京市)を通じて、塗装、空調、公害防止製品の販売を手がける中国の北京五州大気社設備有限公司(北京市。売上高約12億8600万円、純資産約2100万円)へ追加出資し、100%子会社化することを決議した。現在の出資持分比率は20%。

北京五州大気社設備は、五州大気社工程が取り扱う機器の販売会社として、五州大気社工程が20%、中国企業の五州工程設計研究院(北京市)が80%出資して設立。大気社は、中国の世界貿易機関(WTO)加盟により商業分野への外資系企業の出資拡大が可能となったため、グループとの関係強化を目的に完全子会社化することとした。

取得価額は非公表。取得予定日は2008年4月下旬。