フェイスは、ブラジル子会社でモバイル向けコンテンツ配信を手がけるTakeNETを譲渡することを決議した。同社の持株会社Invest Virtua S.A.(ベロオリゾンテ。売上高約8億2600万円、営業利益約4010万円、純資産約3億4000万円)の所有全株式(99.39%)を売却する。

フェイスは携帯電話の「着信メロディ」を考案し実用化しており、日本国内だけではなく北米や欧州、アジアなど世界21カ国で事業を展開。2005年にブラジルのTakeNETを買収しサービス地域を南米に拡大した。しかし海外のコンテンツ配信サービスは競争の激化で事業環境が厳しさを増しており事業拡大には追加投資などが必要となるため、サービス全体の見直しを進めていた。

譲渡価額は1億500万円。譲渡予定日2008年2月8日。