東証2部のダイハツディーゼル<6023>について、ひびき・パース・アドバイザーズが6月4日付で財務局に大量保有報告書5%ルール報告書)を新規提出した。

提出理由は「純投資(投資一任契約に係る顧客資産の運用)及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと。」によるもの。

報告書によると、ひびき・パース・アドバイザーズのダイハツディーゼル株式保有比率は、5.01%と新たに5%を超えたことが判明した。

報告義務発生日は、2020年6月3日。