M&A速報

ダイオーズ、花門フラワーゲートと資本業務提携 46.2%を出資

2022-04-01

オフィス向けコーヒーサービスを展開するダイオーズは1日、生花の小売り・装飾や観葉植物レンタルを手がける花門フラワーゲート(東京都中央区、平野貴士社長)と資本業務提携を締結したと発表した。子会社のダイオーズジャパン(東京都千代田区、柏﨑秀次社長)を通じて3月31日付で46.2%の株式を取得した。取得金額は非公表。働き方改革への関心が高まる中、癒し効果やストレスの軽減、集中力向上などにメリットがあるとされる「オフィス緑化」領域で協業を進める。

ダイオーズはオフィス向けコーヒーを中心とする各種飲料サービスのほか、玄関マット、モップ、空間除菌消臭機のレンタルといった環境衛生サービスを展開している。

近年は単に観葉植物を置くだけにとどまらず、緑化による空間デザインを積極的に取り入れる企業が少なくない。こうした中、ダイオーズと花門フラワーゲートはそれぞれの強みやノウハウを共有し、「オフィス緑化」市場の開拓に取り組む。

ダイオーズのグリーンレンタル事業の一部は花門フラワーゲートに編入し、事業の一元化を進める。

関連の記事

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2022年9月1日
インテグラル(株)=(株)ボイジャー
株主
11,032

M&A速報検索

クリア