M&A速報

Coo&RIKU、中国ハイセンスの傘下企業とペット事業の合弁会社を設立

2022/01/25

ペット事業大手のCoo&RIKU(東京都千代田区。大久保浩之社長)は25日、中国の電機大手ハイセンス・グループの傘下企業、青島海信商業管理有限公司(山東省青島市)などと共同出資で、同国でペットショップ事業を展開する新会社を設立すると発表した。中国では都市部の若い世代の核家族化や単身・独身世代の増加に伴い、犬猫関連のペット需要の拡大が見込まれている。

新会社は青島海空籠物有限公司(青島市)で、1月中に設立する。資本金は約5億8700万円(3300万人民元)で、青島海信が51.6%、Coo&RIKUが33.4%、新都ホールディングスが15%を出資。ペットショップの運営をはじめ、ブリーディング(繁殖)、ペットフード・用品の開発、医療保険、ペット事業や動物病院に対する経営指導・コンサルティングなどに取り組む。青島市内には中国1号店として旗艦店となる大型ペットショップの開設を計画している。

Coo&RIKUは1999年設立で、現在、ペットショップを中心に動物病院、トリミング(毛の整え)サロン、ペットホテルなど200以上の店舗を展開する。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5