M&A速報

ウイングアーク1st<4432>、運輸デジタルビジネス協議会傘下のtraevoを子会社化

2022/01/13

ウイングアーク1stは、車両の動態(位置、状態)情報に関する共通プラットフォームの提供を目指すtraevo(東京都港区)の第三者割当増資を引き受け、株式を最大で61.5%取得することを決めた。運輸業界向け新サービスの開発などにつなげる。traevoは一般社団法人運輸デジタルビジネス協議会(東京都港区)が1月7日に新設した新会社。取得価額は最大1億2300万円。取得予定日は2022年2月28日。

運輸業界は物流網の進化やEC(電子商取引)の拡大による輸送量の急増で配送業務の効率化やドライバー不足の解消、労働環境の改善などが課題となっている。traevoが提供を予定する業界共通プラットフォームは車両動態を車載機器メーカーを問わずに管理し、サプライチェーン(供給網)全体の効率化、運用事業者の車載機器コストの抑制などを実現するとしている。

関連のM&Aデータベース

No. 開示日 買い手 対象企業・事業 売り手 業種 ▽ スキーム ▽ 取引総額(百万円) ▽ タイトル
1
2022年1月13日
(株)traevo
一般社団法人運輸デジタルビジネス協議会
123

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5