ヒト・コミュニケーションズ・ホールディングスは、訪日外国人旅行者向けランドオペレーター事業を手がけるトライアングル(東京都豊島区。売上高15億4000万円、営業利益6010万円、純資産6730万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

ヒト・コミュニケーションズHDは2011年に観光分野に参入した。国内・海外旅行向けの添乗員・ガイドなど人材サービスの提供を手始めに、スポーツ・MICE(会議・研修、招待旅行、国際会議、展示会) 事業や訪日外国人旅行者向けリムジンサービス事業を順次立ち上げてきた。

トライアングルは、訪日外国人の団体旅行客や個人旅行客向けに観光コース設定、移動手段や宿泊、レストランなどの手配を行うランドオペレーター業界で長年実績を積んできた。ASEAN(東南アジア諸国連合)を中心に各国の旅行会社との取引関係を築いている。ヒト・コミュニケーションズHDは同社を傘下に取り込むことで、団体旅行だけでなく、FIT(個人渡航)の訪日外国人旅行者への対応力を強化する。

取得価額は非公表。取得予定日は2019年6月3日。