M&A速報

TOKAIホールディングス<3167>、シオヤのCATV事業を取得

2019/05/20

TOKAIホールディングスはCATV(有線テレビ)事業子会社のTOKAIケーブルネットワーク(静岡県沼津市)を通じて、シオヤ(静岡県三島市)が手がけるCATV事業を取得することを決めた。

シオヤは静岡県の田方郡韮山町・函南町、駿東郡清水町、沼津市大平を放送提供エリアとする。

TOKAIホールディングスは1988年に静岡県でCATV事業を開始。現在、静岡県、東京都、神奈川県、千葉県、長野県、岡山県の 1都5県をサービスエリアとする。シオヤが提供してきたエリアでも今後、積極的な設備投資を行い、放送・通信・電話を一つの回線で提供するトリプルプレイサービスや4K、5K放送といった放送高度化への対応を実現するとしている。

取得価額は非公表。取得予定日は2019年10月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【緊急インタビュー】電力ガス自由化とエネルギー業界のこれから(電力業界編・後編)

【緊急インタビュー】電力ガス自由化とエネルギー業界のこれから(電力業界編・後編)

2016/05/20

電力小売自由化から1カ月。来年にはガス小売自由化が控えており、「電力VSガス」の熾烈な競争が始まる。第4回は、「電力ガス自由化とエネルギー業界のこれから」について前回に引き続き、エネルギー産業の動向に詳しい東京理科大学橘川教授に話を伺った。

M&A速報検索

クリア