小倉クラッチは、OA機器用クラッチの製造・販売を手がける中国の砂永精工電子(東莞)有限公司(広東省東莞市。売上高9億6000万円、営業利益8570万円、純資産4億9500万円)の全持分を取得し、子会社化することを決議した。

砂永精工電子は2004年に設立。小倉クラッチは同社を傘下に収め、グループにおけるOA機器用クラッチの生産拡大と生産コスト削減に役立てるのが狙い。

取得価額は非公表。取得予定日は2019年4月1日。