アートスパークホールディングスはオーストリアのIT関連企業Socionext Embedded Software Austria GmbH(SESA、売上高11億5500万円、営業利益2億3000万円、純資産6億7100万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

SESAはHMI(ヒューマン・マシン・インタフェース)やGUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)設計ソフトウエア「CGI Studio」などを欧州の大手自動車メーカーに供給している。アートスパークHDはUI(ユーザー・インタフェース)オーサリングツール「exbeans UI Conductor」で日系自動車関連メーカーを主要顧客とする。SESAを傘下に取り込むことで、双方の顧客基盤を交互に活用できるほか、自動運転に関連した技術開発でノウハウを共有できるなどシナジー(相乗効果)が期待できると判断した。

取得価額は21億5000万円。取得予定日は2019年1月31日。