クラウディアホールディングスは、内田写真(大阪市)の写真撮影事業を会社分割により取得することを決めた。クラウディアが12月19日に全額出資で設立する「内田写真」(京都市)が事業を承継する。

クラウディアはコンシューマー関連事業の選択と集中を加速している。リゾート挙式事業ではグアム、サイパン地域での取り扱いを廃止し、成長余力のあるハワイ、沖縄地域に経営資源を集中する方針を打ち出している。写真事業と美容事業については重点領域と位置づけている。

内田写真は明治4(1871)年創業の老舗で、有名ホテル、結婚式場、神社など優良顧客との取引基盤が厚い。クラウディアは同社の写真撮影事業を取得することで、既存事業との相乗効果を引き出しシェア向上につなげる。当該事業の売上高は14億5900万円。

取得価額は5億7400万円。取得予定日は2019年3月1日。