インテージホールディングスはシステム開発のエヌ・エス・ケイ(長野市。売上高6億8400万円)の株式90.9%を取得し子会社化することを決議した。

エヌ・エス・ケイは1992年設立で、製造業向けを中心に業務アプリケーションや制御システムの開発、ネットワーク・データベース環境構築などで実績を持つ。インテージホールディングスは子会社のインテージテクノスフィア(東京都西東京市)を通じて旅行、医薬業界向けのシステムサービスを提供している。エヌ・エス・ケイを取り込むことにより、両社が得意とする業界・業務領域を中心に、営業、開発で連携を進め、シナジー(相乗効果)創出につなげる。

取得価額は非公表。取得予定日は2018年10月19日。