GA technologiesは家賃債務保証事業のリーガル賃貸保証(東京都新宿区。売上高5500万円、営業利益0、純資産1000万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

リーガル賃貸保証は2015年に現役弁護士によって発足し、首都圏を中心に約4000件の保証契約実績を持つ。

GA technologiesは賃借人の属性や過去の取引・行動データから、その場で家賃滞納リスクをAI(人工知能)で審査する家賃債務保証サービス「Renosy Forrent Insure」の開発を進めてきた。リーガル賃貸保証をグループに迎えることで、既存の賃貸管理業務の隣接領域である家賃債務保証業務に本格進出するほか、リーガル賃貸保証が蓄積した保証実績データをもとにAIによる審査の自動化など省力化を推し進める。

取得価額は1億5000万円。取得予定日は2018年11月1日。