データセクションは、ソフト開発のアルム(東京都渋谷区)の小売り店向けビジネスインテリジェンスツール開発・販売事業「FollowUP」を取得することを決議した。

「FollowUP」は店舗内カメラの画像認識と解析を行うソリューションで、入店客数カウント、性別・年代判定、POS(販売時点情報管理システム)と連携した購買分析などが行える。データセクションは自社が強みとするAI(人工知能)の画像解析技術を組み合わせ、関連事業の拡大につなげる。

取得価額は2億5000万円。取得予定日は2018年7月11日。