レカムは、情報通信機器販売のR・S(大阪市。売上高14億3000万円、営業利益9000万円、純資産1億2100万円)とOAソリューション事業などのG・Sコミュニケーションズ(兵庫県尼崎市。売上高5億2200万円、営業利益1800万円、純資産0円)のそれぞれ全株式を取得し子会社化することを決議した。

両社はいずれも江添知明氏が社長を務め、関西を地盤にデジタル複合機を中心とした情報通信機器販売、インターネット回線取り次ぎ、ホームページ制作などを手がけ、近年は電力小売りにも乗り出している。レカムは2社を取り込むことで、グループの事業とのシナジー(相乗効果)が期待できると判断した。取得価額は両社合わせて5億6000万円。取得予定日は2018年4月2日。