藍澤証券は、べトナムの証券会社ジャパン・セキュリティーズ・インコーポレーテッド(JSI、ハノイ)の株式80.5%を追加取得し、子会社化(所有割合95%)することを決議した。日本企業によるベトナムの証券会社の子会社化は初めて。

藍澤証券は2000年に香港、韓国、台湾の3市場の株式取り扱いを開始して以来、アジア株の取り扱い市場を拡大してきた。ベトナム株式については2009年、JSI設立時に出資したのを機に取り扱いを始めた。近年、ベトナムの経済成長や株式取引に関する規制緩和などを背景に、国内投資家のベトナム株式投資への関心が高まっており、JSIの子会社化を通じてより質の高いサービス提供を目指す。

取得価額は非公表。取得は現地金融当局の承認後、2018年2月以降。