解体用建機メーカーのオカダアイヨンは、不動産業の南星(熊本県菊池市)からクレーンなどを製造する建機関連会社3社を取得し完全子会社化することを決めた。取得するのは、クレーンやローダー製造の南星機械(熊本県菊池市。売上高22億3000万円、営業利益4540万円、純資産9460万円)とウインチやケーブルクレーンの南星ウインテック(同。売上高9億2100万円、営業利益6910万円、純資産3430万円)、機械部品の暁機工(同。売上高12億円、営業利益△652万円、純資産1億3600万円)。

オカダアイヨンは林業機械やスクラップ用機械などの商品ラインアップと生産体制が整い、グループの経営基盤強化と市場シェア拡大を目指す。

取得価額は3社合わせては8億2800万円(アドバイザリー費用などを含む)。取得予定日は10月2日。