ピクセルカンパニーズは、連結子会社であるハイブリッド・サービス(売上高:100億円、営業利益:1千万円、純資産:17億円)のピクセルカンパニーズ保有株式の全てをオーチャードコーポレーションすることを決議した。

ハイブリッド・サービスは、プリンタ廻りの消耗品商材(トナー、インク等)を主力商材として取り扱い、大手通販系販売会社や量販店等に販売を行っている。近年は、顧客企業のコスト削減意識の定着やプリンタから複合機への集約トレンド、また競合他社との販売価格競争から売上高は減少している。

ピクセルカンパニーズは、多角化した事業ドメインへの経営資源の投資を行うよりも、より限定した事業ドメインへの投資を集中的に行うことが企業価値の向上につながるものとの結論に至り方針転換した。

株式譲渡価額は14億円。

株行譲渡実行予定日は平成29年9月29日。