デイトナは、モーターサイクル事業を手がけるダートフリーク(愛知県瀬戸市。売上高17億3000万円、営業利益8800万円、純資産5億9100万円)と、二輪アフターパーツのネット販売などを行うプラス(愛知県瀬戸市。売上高1億3800万円、営業利益600万円、純資産1000万円)を完全子会社化することを決議した。

ダートフリークについてはまず株式64%を取得後に、簡易株式交換を行う。プラスは全株式を取得し子会社化する。両社は経営者が同じで、プラスがダートフリークの商品をネット販売するなど取引関係がある。株式の取得価額は2社合計で約4億9700万円。取得予定日は2017年10月2日。

デイトナはダートフリークをグループ会社化することで、同社の海外製造拠点を活用し、新ジャンルへの参入や既存商品の収益性向上などを図る。