日精樹脂工業は、大型・超大型工作機械メーカーのホンマ・マシナリー(大阪市)と同社の全事業の承継を含む事業再生支援を目的とするスポンサー契約を締結することを決議した。同社は2017年4月27日付で大阪地方裁判所に民事再生手続開始の申立てを行っていた。

ホンマ・マシナリーは本間鋳造所として1946年に創業し、汎用工作機械や大型特殊専用機の製造を手がける。日精樹脂工業は射出成形機の製造・販売を主力としており、ホンマ・マシナリーの大型工作機械などの製造技術や同社のブランド評価を維持しつつ、自社の事業との連携を図る。

取得価額は非公表。取得予定日は2017年10月2日。