パソコン周辺機器メーカーを傘下に置くAKIBAホールディングスは、科学技術コンピュータの製造、販売のHPCテック(売上高:5億円、営業利益:1千万円、純資産:2千万円)の全株式を取得することについて決議し、HPCテックの株主との間で株式譲渡契約書を締結した。

名称である「HPCテック」はHPC + Technology を意味し、大学、研究機関、企業の研究開発部門を主な顧客とし、その製品は、天気予報、地震予測、自動運転、電子・電子機器や新素材の開発などにも用いられ、今後は、ビッグデータや AI(人工知能)、Deep Learning(深層学習)分野における活用も見込まれる。

AKIBAホールディングスは、HPCテックがグループに加わることにより、高いシナジー効果の発揮によるIoT時代に対応した企業価値形成に資すると考えている。

株式取得価額は3千万円。

株式取得日は平成 29年1月16日。