M&A速報

ライオン<4912>、フィリピンのシャンプー製造販売子会社ピアレスライオンを譲渡

2016/06/30

ライオンは、フィリピンでシャンプーを販売するピアレスライオン(マニラ。売上高約11億円)の保有株式の全て(51.0%)を、合弁相手先で現地の洗剤メーカー、ピアレス・プロダクツ・マニュファクチャリング・コーポレーションに譲渡することを決めた。合弁を解消する。

ピアレスライオンは2012年6月に設立されたものの、事業の軌道化が当初の想定より遅れ、ライオンは早期の収益化は困難と判断した。

譲渡価額は2.18円(1ペソ)。譲渡予定日は2016年7月14日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ライオン】 M&A絡め 、「国内の質的成長」と「海外の量的成長」に挑む

【ライオン】 M&A絡め 、「国内の質的成長」と「海外の量的成長」に挑む

2017/12/05

ライオンは日用品の有力メーカーとして、国内有数のブランド力を誇る。同社は2020年に向けた経営ビジョンで、国内事業の質的成長と海外事業の量的成長を基本戦略とする。こうした国内外での事業伸長に一役買っているのがM&Aへの取り組みだ。

M&A速報検索

クリア