ライオンは、フィリピンでシャンプーを販売するピアレスライオン(マニラ。売上高約11億円)の保有株式の全て(51.0%)を、合弁相手先で現地の洗剤メーカー、ピアレス・プロダクツ・マニュファクチャリング・コーポレーションに譲渡することを決めた。合弁を解消する。

ピアレスライオンは2012年6月に設立されたものの、事業の軌道化が当初の想定より遅れ、ライオンは早期の収益化は困難と判断した。

譲渡価額は2.18円(1ペソ)。譲渡予定日は2016年7月14日。