サーラコーポレーションは2016年7月1日付で、中部瓦斯(中部ガス)とサーラ住宅を株式交換により完全子会社化することを決議した。現在サーラコーポレーションは中部ガスの株式8.26%、サーラ住宅の株式28.16%をそれぞれ間接的に保有している。2社は2016年6月28日をもって上場廃止となる予定。

サーラグループは愛知県東部と静岡県西部を地盤として、都市ガスやLPガスなどのエネルギーを供給するほか、戸建住宅の建設・販売なども展開している。これまでは3社がそれぞれ経営の独立性を維持してきたが、エネルギー自由化や少子高齢化が進む中、グループが一体となって経営資源や顧客基盤を有効活用することが最善と判断した。

株式交換比率はサーラコーポレーション:中部ガス:サーラ住宅=1:0.47:1.30で、中部ガスの普通株式 1株に対してサーラコーポレーションの普通株式0.47 株、サーラ住宅の普通株式1株に対してサーラコーポレーションの普通株式1.30 株をそれぞれ割り当てる。