AKIBAホールディングスは、システム開発のほかコールセンター事業を手がけるiconic storage(東京都中央区。売上高7060万円、営業利益66万6000円、純資産644万円)を完全子会社化すると発表した。株式譲渡により50.9%を取得して連結子会社化したのち、残りの株式すべてを株式交換により取得する。

iconic storageは2015年にコールセンター事業に参入し売上高・利益ともに大きく伸ばしている。AKIBAグループは、メモリ製品などの製造を手がけてきたが、通信コンサルティングやウェブソリューション、コンテンツ事業などの進出し多角化を進めており、iconic storageを取得することでさらなる拡大を目指す。

取得価額は4300万円。取得予定日は2016年4月1日。

株式交換比率は未定。株式交換効力発生日は2016年8月31日。

2016-07-22

追記

AKIBAホールディングス:アイコニック=1:295.90で、iconicが発行する普通株式1株に対し、AKIBAの普通株式295.90株を割り当てる。