調剤薬局事業、ヘルスケア事業、医薬品卸事業等を展開するメディカル一光(三重県)は、愛知県を中心にジェネリック医薬品の販売を行っている大豊薬品(愛知県、売上高6億円、営業利益△1百万円、純資産3千万円)の全株式を取得、子会社化することを決議した。

医薬品卸事業においてメディカル一光は、三重県・岐阜県・滋賀県の3県を主な営業エリアとして、医療機関にジェネリック医薬品の販売を展開しており、同社グループに愛知県を中心に展開する大豊薬品が加わることで、厚生労働省が推進するジェネリック医薬品使用促進策を背景に拡大する市場において、営業エリアの拡大により医薬品卸事業の規模拡大と収益強化を図るとしている。

株式取得価額は非公表。

株式譲渡実行日は平成28年4月1日。