賃貸住宅一括借上事業やイーベスト事業(収益不動産の購入・売却・媒介によるサポートの事業)等を展開する日本管理センター(東京都)は、イーベスト事業の一層の拡大を図ることを目的として、大型一棟マンションを保有する大阪琺瑯(大阪府、売上高1億円、営業利益5千万円、純資産2億円)の全株式を取得、完全子会社化することについて決議した。

日本管理センターは、収益不動産のオーナーのニーズを的確にとらえ、イーベスト事業において収益不動産現物の購入・売却・媒介のみならず、M&Aの活用によりオーナー資産の最大化を目指すとしている。

株式取得価額は3億円(アドバイザリー費用等含む)。

株式譲渡実行日は平成27年12月18日。