TACは、高校向け教科書や教材を出版する桐原書店(東京都千代田区)から全事業を取得することを決めた。対象事業の売上高は36億7000万円。

桐原書店は1967年12月設立で、高校生向けの教科書や教材のほか、中学生や大学生、社会人向けの教育出版物を手がける。特に、「フォレスト」などの英語学習用副教材は絶大の信頼を得ている。TACはグループの資格・検定試験分野に新たに語学系コンテンツの開発能力が加わることで事業拡大が期待できると判断した。

取得価額は非公表。取得予定日は10月1日。