TAC(東京都)は、新設子会社のTAC桐原書店(東京都)を通じ、高校生向け教材の出版を行う桐原書店(東京都)より全事業(売上高36億円、経常利益1億円、資産29億円、負債27億円)を譲り受ける旨の契約を締結した。

TACは、桐原書店が営む事業を譲り受けることで、TACグループが展開する出版事業の拡大、語学系のコンテンツを開発できる付け加わることで、グループ全体の事業拡大および新分野への成長が見込まれるとしている。

事業譲受価額は非公表。

事業譲受予定日は平成27年10月1日。