東京TYフィナンシャルグループ(東京TYFG)は、新銀行東京(東京都新宿区。経常収益72億1000万円、純資産550億円)と経営統合に向けた協議を進めることで合意したと発表した。東京TYFGが2016年4月1日付で、新銀行東京を株式交換により完全子会社化する方向で検討を進めている。両行は都市型地銀として首都圏での競争力向上や中小企業への金融サービス機能拡充などを目指す。

東京TYFGは2014年10月に東京都民銀行と八千代銀行が発足した地方銀行グループで、東京都と神奈川県北東部を中心に展開している。一方、新銀行東京は2004年4月、東京都が進める中小企業支援策の一環として発足した。

株式交換比率は未定。

追記事項

2015-09-25

株式交換比率は東京TYFG:新銀行東京=1:0.24で、新銀行東京の普通株式1株につき東京TYFGの普通株式0.24株を割り当てる。