セブンシーズホールディングスは、クレジットカード決済事業を手がけるモバイル・コマース・ソリューション(東京都港区。売上高7億200万円、営業利益1億200万円、純資産2億3100万円)の全株式を、同社代表取締役の村井幸生氏が100%出資する投資会社のモバコマ(東京都港区)に売却することを決議した。

セブンシーズHDは中核事業をメディア事業から債権管理回収業などを中心としたフィナンシャルソリューション事業へ移行している。そのため、当初想定していたモバイル・コマース・ソリューションとの相乗効果は見込めないと判断した。

譲渡価額は6億円。譲渡予定日は2015年6月18日。