クレアホールディングス(株)(売上高8億2900万円、営業利益△1億8800万円、以下「クレアホールディングス」)は、事業再構築に向けた資金の調達を目的として、第三者割当の方法による新株予約権の発行に係る募集を行うことについて決議し、ケイマン諸島法に基づく免税有限責任会社であるEVO FUNDを割当予定先として選定した。

1つの事業に注力するリスクを十二分に検討した結果、太陽光事業に注力するだけでなく新たな成長エンジンの構築等、事業の成長戦略の見直しを行うことが急務であると考え、経営基盤の安定化には事業の多角化が必須であるとの結論に達したとしており、新規事業を構築するため、オートモービル関連事業会社である債権回収会社である栄光債権回収(株)および(有)ロンドベルコーポレーションの株式を取得し、子会社化するとしている。第三者割当により調達する資金はこの2社の株式取得資金、および子会社後の運転資金等に充当し、クレアホールディングスグループ全体の事業成長の加速と財務体質の改善を実現し、最終的にはクレアホールディングスの企業価値増大に寄与するものと判断したとしている。

第三者割当による資金調達の総額は23億7000万円(新株予約権行使分を含む)。

払込期日は2015年6月29日。