CKサンエツは、持ち分法適用関連会社の日本伸銅をTOB(株式公開買い付け)により子会社化することを決議した。株式の保有比率を16.23%(議決権ベース)から50.10%(同)に引き上げる。子会社化により伸銅事業に関する生産や開発などの提携関係を強化する。

日本伸銅はTOBに賛同を表明しており、TOB成立後も上場を維持する。日本伸銅の第2位株主の丸紅は、所有する株式15.78%のうち10.76%をTOBに応募する意向を示している。

TOBの買付価格は1株あたり120円。TOB公表前営業日の対象株式の終値に対して5.26%のプレミアムを加えた。買付予定数は799万6000株を上限とし、買付予定額は9億5952万円。

買付期間は2015年2月12日から3月11日まで。決済の開始日は3月18日。