M&A速報

みちのく銀行<8350>、共同出資していたリース業会社を子会社化

2014/12/25

(株)みちのく銀行(以下「みちのく銀行」)は、三井リース事業(株)(以下「三井リース事業」)との共同出資会社であり、総合リース業を行うみちのくリース(株)(売上高82億5000万円、営業利益6億3500万円、純資産25億7000万円、所有割合5.0%、以下「みちのくリース」)の株式を取得し、子会社化することについて決議した。株式取得後の所有割合は80.0%となる。

みちのく銀行・三井リース事業・みちのくリースの業務提携のもと、みちのく銀行はソリューション提供手段の一つとしてリース取引の提供力強化を図ってきた。しかしながら、今後更に多様化かつ高度化する顧客のニーズに迅速に応え、総合的な金融サービスを提供するためには、みちのくリースを子会社とし、かつグループ内における中核子会社として位置づけ、みちのくリースの総合リース機能を活用した総合金融サービスを展開していくことが必要不可欠と判断したとしている。

株式譲渡価額は未確定。

株式譲渡実行予定日は2015年4月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

青森と弘前 鎬を削る街と銀行|ご当地銀行の合従連衡史

青森と弘前 鎬を削る街と銀行|ご当地銀行の合従連衡史

2018/08/15

“ご当地銀行”の合従連衡史の3回目は、青森。青森にはみちのく銀行と青森銀行の2つの有力地銀があるが、行員数、支店数などで、ほぼ互角の両銀行の歴史をたどっていくと、県内の主要都市である青森市と弘前市の“せめぎ合い”の歴史が感じられる。

M&A速報検索

クリア