アルファグループ(株)(以下「アルファグループ」)及び同社の連結子会社であるアルファディスカーレ(株)(以下「対象会社」)は、対象会社の福祉事業を会社分割し新設会社に承継するとともに新設会社の全株式を対象会社の代表取締役上岳史氏に譲渡する基本方針について決議したと発表した。また、分割後の対象会社と(株)アルファライズ(以下「アルファライズ」)が、アルファライズを存続会社として合併するという基本方針について決議したと発表した。

今回、アルファグループの創業者の一人である取締役会長上岳史が平成26年3月期の定時株主総会の終了をもって同社取締役を退任し、同社グループへの役員としての関与から離れるにあたり、同人が代表取締役社長を務める対象会社において、福祉事業の経営を担う適任者等の関係で、今後の事業運営につき検討する必要が生じたとのこと。対象会社および同社の取締役会にて協議を行ったところ、福祉事業については、アルファグループ内で事業を行うよりも、対象会社の代表取締役社長が事業を引き継いでその運営にあたることが適切であるとの結論になったであるとしている。

株式取得価額は未定。

株式譲渡実行予定日は2014年6月30日。