クリーク・アンド・リバーは、アパレル向け人材サービスのインター・ベル(東京都新宿区。売上高4億9600万円、営業利益0円、純資産1000万円)の第三者割当増資を引き受け、子会社化することを決議した。

インター・ベルは、アパレル向け人材サービスやコンサルティング事業を手がけている。アパレルメーカー、スポーツメーカーの店舗運営代行業務を主要事業とし、人材教育に強みを持つ。

クリーク・アンド・リバーはインター・ベルを取り込むことで、アパレル業界におけるネットワークをさらに拡充し、事業規模の拡大を図る。

取得価額は9980万円。取得予定日は2013年12月26日。