旭有機材工業は、各種水処理施設設計・施工請負会社のドリコ(東京都台東区。売上高50億円、営業利益3億100万円、純資産66億9000万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。

ドリコは水環境事業が主力で、官公庁をはじめ大手ゼネコンやデベロッパー、電力会社、工場

施設などに対し、上下水道施設など水処理施設の設計・施工、維持管理を手がけている。

旭有機材工業は、ドリコの高い技術力や豊富な実績をベースとした水環境事業を取りこむことで、グループ全体として事業拡大を目指す。

取得価額は15億3000万円。取得予定日は2013年9月19日。