ユニバーサルソリューションシステムズは、ソフトウエア受託開発のクオリカ(東京都新宿区)へシステム事業の一部を譲渡することを決議した。

ユニバーサルソリューションシステムズは、大手飲食業者向けの売上・顧客管理業務のソフトウエア事業が主力だが、競争激化を背景に収益の悪化が見込まれている。経営基盤の立て直しを図るため、大手飲食業者向け事業はITサービスの提供に強みを持つクオリカに譲渡することを決めた。今後は、中小型店向けのソリューションに経営資源を集中し、収益の拡大を目指す。

譲渡価額は未定。譲渡予定日は2013年10月1日。