インヴァスト証券は、三田証券(東京都中央区。営業利益6600万円、純資産31億6000万円)の東京金融取引所における取引所為替拠金取引においての取引参加者としての事業を、吸収分割の方法により、インヴァスト証券が継承する吸収分割契約を締結することを決議した。なお、分割による株式の割り当ては行わない。

インヴァスト証券はFX(為替証拠金取引)を主力としてきた。しかし、2011年より少ない資金で大きな取引ができるレバレッジを最大25倍とする証拠金規制が導入され、また、2012年より取引所FX・店頭FXの税制が一本化されるなど、事業環境が大きく変化してきた。そうした中、取引所為替拠金取引事業から撤退し、他の分野に経営資源を集中する意向を持つ三田証券と、引き続きFX事業での顧客基盤拡充と強化を図るインヴァスト証券のニーズが一致し、今回の吸収分割契約締結に至った。継承する事業の営業利益は1億2700万円。

インヴァスト証券の三田証券に対する分割対価は金10万円。取得予定日は2012年12月2日。