松屋は、連結子会社でゴルフ場レストランの受託営業を手掛けるアターブルグリーンレストラン(東京都中央区。売上高3億300万円、営業利益△2600万円、純資産△7800万円)の株式を、各種施設の集団給食請負事業などを主力とする魚国総本社(大阪市。売上高601億円)に譲渡することを決議した。これにより株式所有割合は100%から10%となり、アターブルグリーンレストランは同社の連結子会社から外れる。

松屋グループは中期経営計画において、グループ事業の収益基盤の強化を掲げ、不採算、低収益事業の整理・合理化と収益事業への経営資源の集中を進めてきた。その一環として、今回、魚国総本社への株式譲渡を決めた。

譲渡価額は非公表。譲渡予定日は2012年8月31日。