フューチャーアーキテクトは、医療関連向けソフトウエアの開発・販売を主力とするライフサイエンス コンピューテング(東京都豊島区)を、同社の第三者割当増資を引き受けることにより子会社化することを決議した。株式所有割合は0%から51.9%となる。

ライフサイエンス コンピューテングの主力製品である電子カルテ「Open Dolphin Pro」は、日本医師会標準レセプトソフト「ORCA」と連携可能であるほか、クラウド環境やiPhone・iPadなどのモバイル環境にも対応しており、外来と在宅診療の連携を可能としている。フューチャーアーキテクトは、医療機関向けにITコンサルティングサービスを提供し同事業の知見を豊富に持つ。今回の子会社化で、同社はヘルスケア分野へのより一層の積極的展開を目指す。

取得価額は非公表。

取得予定日は2012年2月29日。