ゼニス羽田と羽田コンクリート工業(東京都中野区。売上高66億3000万円、営業利益△6200万円、純資産9億4300万円)は、2012年4月1日を目途に経営統合することを決議した。ゼニス羽田を完全親会社、羽田コンクリート工業を完全子会社とする株式交換を行う。

両社はコンクリート二次製品業界に属しており、ゼニス羽田は関東・中部・関西圏、羽田コンクリート工業は東日本を中心に生産および営業拠点を有する。経営統合により、ゼニス羽田の下水道管路製品と羽田コンクリート工業の道路・宅造用などの製品を共同で取り扱うことにより営業基盤の強化・拡充を図る。

株式交換比率については、2012年1月中旬に決定する予定。