オプトロムは、連結子会社で休眠中のグリーンテック(東京都千代田区)の全株式をIRコンサルティングのフィナンテック(東京都中央区)へ売却することを決議した。これにより、グリーンテックの完全子会社で鉛蓄電池の製造・販売を行うOPTROM(HONG KONG)INTERNATIONAL LIMITED(香港。売上高1510万円、営業利益△2500万円、純資産△1億8600万円)も連結から外れる。

OPTROM(HONG KONG)は、環境にやさしいエコバッテリーを中東や日本向けに輸出をしていたが、世界的な不況の影響から需要が減少し、継続的に赤字が発生していた。そのため、オプトロムは国内事業へ経営資源を集中するため、同社を売却することとした。今後、OPTROM(HONG KONG)はコンサルティング会社のフィナンテックの指導により再建を目指す。

譲渡価額は1円。譲渡日は2011年8月24日。