ウルシステムズは2011年10月3日付でシステム開発のイーシー・ワン(東京都港区。売上高19億6000万円、営業利益△8300万円、純資産9億1300万円)が実施する第三者割当増資を引き受け、経営統合することを決議した。

ウルシステムズのコンサルティング事業とイーシー・ワンのシステム開発事業を、共同新設分割の方法により新「ウルシステムズ」に承継させる。これによる議決権割合はウルシステムズが約83%、イーシー・ワンが約17%となる予定。

一方、イーシー・ワンはウルシステムズのソフトウエア事業を承継する。同社の議決権割合は、ウルシステムズが約13%、イーシー・ワンが約87%となる見込み。イーシー・ワンは、2011年10月3日付で「ノーチラス・テクノロジーズ」に商号変更する。

これに伴い、現在のウルシステムズは持株会社の「ULSグループ」となり、新「ウルシステムズ」と「ノーチラス・テクノロジーズ」の2社は同社の子会社となる。