JBCCホールディングスは連結子会社のJBエンタープライズソリューション(JBES、東京都中央区)を通じて、システム開発を手がけるアドバンスト・アプリケーション(東京都多摩市。売上高25億2000万円、営業利益1億7600万円、純資産13億2000万円)の株式65%をシステナから取得することを決めた。

アドバンスト・アプリケーションは1987年設立で、金融機関向けを中心としたシステム基盤の構築、基幹業務システムの開発を手がける。JBESは金融機関を含む大手企業向けに様々なITサービスやソリューションを提供するグループ中核事業会社の1つ。アドバンスト・アプリケーションを子会社化することで、金融機関向けビジネス基盤の強化やサービス内容の拡充を図る。

取得価額は15億円。取得予定日は2011年2月1日。