三谷商事は風力発電による売電事業を手がけるウィンド・パワー(水戸市)を子会社化することを決議した。ウィンド・パワーが実施する第三者割当増資を引き受け、株式の所有比率を51.0%とする。

ウィンド・パワーは2010年設立で、現在茨城県神栖市に外洋風力発電設備の設置を計画している。三谷商事は環境関連事業を今後成長が期待できる市場のひとつと認識し、風力発電事業の強化・拡大を目指す。

取得価額は1530万円。取得日は2010年12月15日。