林兼産業は食品製造業の林兼デリカ(熊本県菊陽町。売上高22億7000万円、純資産1億1600万円)の全株式をマルハニチロ食品(東京都千代田区)に譲渡することを決議した。

林兼デリカは主に缶詰・冷凍食品の生産を手がけている。今回主要販売先であるマルハニチロ食品からの申し出を受け、林兼産業はグループ生産部門の効率化による企業価値の向上を目的に譲渡を決めた。

譲渡価額は1億円。譲渡予定日は2010年10月1日。