ダイキサウンドは、CDの原盤の企画・製作を手がけるディスカス(東京都千代田区。売上高1億2700万円、営業利益△3610万円、純資産△7870万円)と、CDの製作・販売を行うe-music(東京都千代田区。売上高1億500万円、営業利益239万円、純資産△5650万円)の全株式を、音楽の著作物管理を手がけるCopyrights Vision(東京都新宿区)に譲渡することを決議した。

ディスカスはアーティストの発掘と支援のための原盤権を保有するCD制作会社で、e-musicはエルダー向け商品を取り扱っている。ダイキサウンドは事業の選択と集中を進めており、両子会社の譲渡が業務効率を向上し企業価値を高めると判断した。

譲渡価額はそれぞれ1円。譲渡日は2010年8月27日。