M&A速報

ダイセキ<9793>、日本アジア投資<8518>からタンク貯蔵施設洗浄事業のシステム機工を取得

2010/08/20

ダイセキは、タンク貯蔵施設の洗浄工事を手がけるシステム機工(東京都港区。売上高22億8000万円、営業利益1億2800万円、純資産4億7400万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。取得先は株式89.38%を所有する日本アジア投資など。システム機工は大型タンクやプラントの洗浄事業を主力としており、大型タンク洗浄部門では約60%の国内シェアを持つ。ダイセキはシステム機工を傘下に取り込むことで、グループの中小小型タンク洗浄の営業支援などの相乗効果を見込んでいる。取得価額は14億3000万円。取得予定日は2010年9月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

【ストックオプション事例研究】日本アジア投資新株予約権(有償ストックオプション)発行

【ストックオプション事例研究】日本アジア投資新株予約権(有償ストックオプション)発行

2017/01/29

日本アジア投資が有償新株予約権を発行した。この有償ストック オプションにはノックアウト条項が付されており、同社の要領や条件から、割当者や既存 株主に対する条項を付けることの意味とメリットを考える。

M&A速報検索

クリア