エルピーダメモリは台湾の半導体合弁会社Rexchip Electronics Corporation(台中県后里。純資産約1170億円)の株式を追加取得し、子会社化することを決議した。株式の所有割合を48.8%から52.0%に引き上げる。

Rexchip Electronicsは2006年設立で半導体メモリ(DRAM)の受託生産を手がける。エルピーダメモリの戦略パートナーである台湾の半導体メーカーPowerchip Semiconductor Corporation(新竹市)との合弁会社で、売上高は2008年4月から9月までの6カ月間で約441億円。エルピーダメモリは子会社化により意思決定の迅速化を図るとともに、生産配分を調整してDRAMスポット市場と大手PCメーカー向け市場それぞれの需給バランスの適正化を目指す。

取得価額は未定。取得予定は2009年3月中。