タカショーは、陶器メーカーの加陶(滋賀県甲賀市。売上高3億200万円、営業利益△4470万円)の全株式を取得し、子会社化することを決議した。加陶は民事再生法の手続き中で100%の減資を検討しており、その一環として実施される第三者割当増資をタカショーが引き受ける。

加陶は1972年設立で、陶器の産地である信楽で製造販売を手がける。タカショーは加陶から庭を演出する水鉢や陶器を使用した屋外照明機器を購入するなどしていたが、加陶は海外製品流入の影響で経営が悪化し2008年4月に民事再生法の適用を申請した。タカショーは今回の子会社化により、庭をトータルに演出する商品の展開などを通じて売り上げ拡大につなげる。

取得価額は2000万円。取得予定は2009年3~4月頃を想定。

追記事項

2009-04-17

子会社化の中止を発表。加陶からタカショー以外をスポンサーとして再建手続きを実施したいとの申し入れがあったため。